オレゴンは、世界的には殆ど知られておらず、またその僅かなイメージさえ正しくない。オレゴンと言えば、人々は森やシダ、コケに雨を思い浮かべるが、実際には州の3分の2は高地砂漠のカウボーイ地方なのである。 オレゴンの気候を理解するために、まずはオレゴンの地理を知ると役立つだろう。太平洋の底が、オレゴンの海岸線の当たりで北米大陸の西端に入り込み、この衝突が陸地に与えた衝撃により、平均300~600メートル、最大1250メートルの海岸山地の連なりを作り出している。 この山脈の東側が、ウィラメット渓谷(Willamette Valley)で、比較的温暖で雨がちな冬、乾燥した夏、肥沃な大地といった、オレゴンと聞けば誰もが思い浮かべる場所である。実際、世界でも有数の農業地帯だ。 海岸からおよそ200マイル(320km)東は、カスケード山脈(Cascade Range)で、海岸山脈(Coast Range)とは見違えるほど高い3246メートルのマウント・フッド(Mt Hood)を含む火山脈である。 湿った空気は太平洋を吹き抜け、カスケード山脈に当たって落ちる。オレゴン州の3分の1はこの湿気の多くを有するが、あとの3分の2の地域はその残りを得ることになる。その結果、オレゴン州東部は、常に草を食む家畜や羊、金鉱採掘やゴーストタウンから成る。 主な地域の標高と降水量は以下の通り その他オレゴンについて多くの人々に知られていないこととしては、広大な未開発地があり、例えば、それは日本の面積の64%なのに対し、人口は日本の人口のたった3%である。 しかもこれは、控えめに見積もった場合で、である。オレゴンの人口は極度に主要都市であるポートランド周辺に集中しており、オレゴン東部の広域は、その人口の少なさから国勢調査部により “田舎”とみなされており、また“辺境地帯”に分類されている。 従って、オレゴンを見て回るのは至って簡単なのだ。
Oregon has three distinct geographical regions
oregon Oregon regions
Click Here to ask
an Oregon vacation question
Oregon Vacation
:;
back button
44 / 44
next button © info