オレゴンのネイティブ・アメリカン部族
ネイティブ・アメリカンの部族の多くは失われてしまったけれど、多数のネイティブ・アメリカンの部族はオレゴンの歴史の中で重要な役割を担っており、今でも彼らの存在はオレゴンのあらゆる場所で見ることが出来る。北米におけるネイティブ・アメリカンについて知りたいと思う旅行者は、まず手始めに様々な 博物館と展示のページを見ることをおすすめする。

もし、時間があって、アドベンチャーが好きな旅行者には、オレゴンには各所にネイティブ・アメリカンの特別居留地がある。居留地は、今日のネイティブ・アメリカン部族組織の中心地となっている。

最後に、ネイティブ・アメリカンの歴史や文化について興味のある旅行者は、州間ハイウェイ84号(I-84) を通って、 スリロ滝(Celilo Falls)を訪れるべきだ。

なお、居留地を持たない部族がいることも特筆に価する。例えば、クラトソップ族ナハレム連合部族(The Clatsop Nehalem Confederated Tribes) は、居留地を持たない部族団体である。

もし、9月にオレゴンを旅する予定なら、家畜の駆り集めで有名なペンドルトン・ラウンドアップ(Pendleton Roundup)開催中に行われるハッピー・キャニオン歴史ショー(Happy Canyon Pageant)は一見の価値がある。
Click Here to ask
an Oregon vacation question
Oregon Vacation